多くの医療機関で行われる長茎術の方法とその価格

長茎術の価格は種類によって異なる

最近では多くの医療機関で長茎術が行われていて、受けること自体が珍しくなくなっています。
利用する時に気になるのが価格であり、種類によって異なることを覚えておく必要があります。

医療機関ごとに価格は決められていますが、もっとも安いのは切らない長茎術です。
切らない長茎術は埋没陰茎牽引固定法と呼ばれるものであり、相場は20万円前半になっています。
体への負担が少ないので、メスを入れることに抵抗がある人達に選ばれる長茎術です。
高額なところでは30万円を超えることもありますが、それでもメスを入れる長茎術と比較すると安く済みます。
仕上がりにも問題がないことが多いのですが、やはり満足のいく結果を得るためには、技術力のしっかりとした医療機関を受診することが大切です。
同じ方法の長茎術を行う場合でも、医師のスキルによって結果が違ってくることは珍しくなく、満足のいかない結果になってしまった時に別の医療機関を受診することもあります。

切る長茎術は高額になる

切らない長茎術と比べると、切る長茎術は高額になります。
方法も一つではなくていくつかありますが、いずれにしても40万円から50万円はかかります。
高額な医療機関では60万円を超えることもありますが、強気の価格設定にしているところは技術力に自信を持っていますので、安心して受けられるのが利点です。

少しでも安い価格で受けたいのなら、キャンペーン等が行われているタイミングを見計らって行うのも良い方法です。
メジャーな医療機関でも時々キャンペーンを行っていて、通常価格の半額程度で利用できるケースもあります。
行われる施術自体は変わりませんので、費用負担を減らしながら当初の予定通りの施術を受けられる方法です。

まとまった費用が必要になる長茎術を行う時には、やはり少しでも安いところを利用したいと考えます。
ただし、安さだけで選ぶと失敗することも多いので、安全性や医療機関の評判をよく確かめなければなりません。

まとめ

長茎術の価格は種類によって異なり、医療機関ごとに決められています。
切らない長茎術がもっとも安く仕上げられる方法であり、体への負担が少ないのもメリットです。
相場は20万円台前半で、仕上がりにも問題はありません。
メスを入れる方法はいくつかありますが、いずれにしても40万円から50万円程度の価格になっています。
少しでも安く受けたいのなら、キャンペーン等が行われているタイミングを見計らって利用するのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。