美容外科で行われている長茎術の価格

男性にとって重要な長茎術で美容外科を利用する差に掛かる価格

短小包茎という言葉がありますが、男性特有の問題でもあり、短小も包茎も今ではお手軽に治す方法があるので、コンプレックスを抱えている方は、長茎術を受ける方法で願望を叶えることができます。
メンズ用の美容外科は全国各地にありますが、最も簡単な豊富で施術する長茎術は医療用の糸を使って固定をする方法があります。
陰茎は出ている部分だけではなく根元から体内に埋もれている部分は多くの男性が該当しています。
美容外科ではこの埋もれている部分を体外に出すことを行う方法を採用することが多く、数センチ程度であれば確実に短小を解消することができます。
この施術ではメスを使わない方法になることから、施術時間は30分前後、価格は8万円から10万円程度で済ませることができるので、特に社会人以降の男性であれば大きな負担を感じることなくコンプレックスを解消させることが可能になります。
医療用の糸を使って体内から引き出して固定をする方法になることから、術後に違和感を感じないこともメリットです。

カット法で長茎術をする方は価格は高くなりますが効果は抜群です

長茎術を利用したいと考える男性は、自身の陰茎に自信を持てないことが多いので、積極的な異性との交際をすることに躊躇してしまう可能性は否定できません。
幸いにして現在は長茎術という方法がメンズ用の美容外科で施術を受けることができるので、希望する方はインターネットから情報を得ることで長茎術を安く施術することができます。
メスを入れない方法以外では、メスを使って行うカット法というものがあり、主に下腹部にメスを入れて靭帯の一部を切除する方法で陰茎を外側に出すことを可能にする方法です。
同じようなカット法は複数ありますが、価格は30万円から50万円など高額になることが一般的です。
価格は高額になるものの、施術後には確実に陰茎を大きくすることができる方法になるので、長期的な視野で考えた場合ではお金を費やす価値は十分にあります。
カット法の場合では施術時間は短いものの、帰宅後にはシャワーは翌日以降、性行為は数日を我慢するだけで済ませられることも魅力です。

まとめ

長茎術は各美容外科で様々な手法で施術を行っていますが、少しだけ大きくするだけで十分と考える方は、切らない方法で10万円程度の価格で済ませることはできます。
一方で最大限に引き出したいと希望する方は、メスを入れる方法がいくつかのパターンがあり、この方法では30万円から50万円程度の価格になることも一般的です。
実際にはヒアルロン酸など薬剤の注入で大きく見せる方法もありますが、陰茎の長さで考えた場合は、価格が高くはなりますがきちんとした長茎術を受けることは必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。