クリニックで行われている長茎術の価格

長茎術はクリニックと施術方法で大きく価格が異なります

結論から言うと長茎術の総額費用に関しては、35から315万円とクリニックにより大きく異なることが分かっています。
通常クリニックに長茎術を受けに行く場合には、ペニスを太くするためにヒアルロン酸やコラーゲンなどの異物の注入を進められることになります。
一般的にはこれが高額請求の原因になっているとも言えるでしょう。
長茎術における手術費用は、切る手術と切らない手術でも大きく異なります。
切らない手術の場合には、手術も比較的に簡単なので、費用は15から20万円と控えめになっています。
とはいえこの切らない長茎術はお勧めできるものではなく、非常にリスクが高い手術であるため、よほどのことがない限り避けた方が良いでしょう。
切る手術の場合には、30から60万円と値段が高額になります。
男性器における手術の中では技術も必要であり、手術自体もなかなか複雑なものとなっているため、高額になることは仕方ないこととも言えます。

長径術で手術価格以外にもかかるお金があります

長茎術においては、基本的な価格に加え、様々な料金が別途で請求される可能性があります。
その一つに挙げられるものが、ヒアルロン酸やコラーゲンなどといった異物注入の価格です。
長茎術を行う場合には、多くの場合クリニックでヒアルロン酸の注入などの異物注入を強く勧められることになるでしょう。
ペニスを太く、そして長くしたいという人も多いので、これらを注入する人も多く見られます。
これが高額になる原因の一つですが、異物注入は非常にリスクが高いことを覚えておきましょう。
そしてカウンセリング費用や初診料と再診料や抜糸代などが挙げられます。
初診料は約5000円、再診料や抜糸費用などは2000円程度かかるところもあります。
その他にも静脈麻酔代や、キャンセルが発生した場合にはその費用、トラブルの際の診察代や薬代などが挙げられます。
トラブルが発生した場合の診察費や薬代などは2000円程度のことが多いですが、中には保証が組み込まれてるところもあるので、クリニックに確認が求められます。

まとめ

このようにどのような方法をとるのか、またクリニックによって、価格は大きく異なることがわかります。
長茎術は太く長くなるので魅力がある反面、近年ではリスクの高い長茎術が横行しているのも実情です。
価格だけで選ぶのではなく、医学的に大きくなる仕組みをしっかりと利用している手術を選ぶことが大切です。
実際に利用した人の中には高額請求や後遺症などの被害にあった人も多く見られます。
このようなことに巻き込まれないようにするためにも、価格以外にもクリニックの実績や医師の技術などもよく確認するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。